アパート経営と物件の劣化について

預貯金の利子率が低下する中、遊休金融資産の有効な活用方法として、アパートなどの不動産経営が注目されています。これは大きく言えば投資の一環ですが、株式や現物投資などの方法よりもリスクが少ないと考えられます。それは、よほど物件や立地自体に問題がない限り、入居者の存在を期待することができ、入居者が存在する限り、賃貸収入を得ることができますし、賃料相場が大きく崩れると言うことは考えにくいからです。

 

一方、不動産でも特にアパートなどの建物を活用する場合には、建物の劣化に注意することが重要です。近代的な建築物でも、数十年すれば劣化が進み維持管理に必要なコストが増えることになります。つまり、一度アパートを建てたら、あるいは入手したら、以後永遠に賃貸収入を得ることができる、というわけではありません。どこかの時点で大規模な補修や建て替えが必要となることを念頭に入れた上で、経営計画を検討することが必要なのです。

Tags: No tags

Comments are closed.